コンピュータ研究


by papasone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

“究極”のPCゲーム用デバイス!、ゲーミングデスク「ROCCAFORTE(ロッカフォルテ)」が登場


「ROCCAFORTE」は、レースゲームやフライトシュミレータなどのゲームを、よりリアルに体感できるというゲーム用コックピット「Mushaburui“武者震”」の新モデル。当時もそのサイズと大胆なコンセプトに驚かされたものだが、今回の「ROCCAFORTE」もまたすごいの一言。写真を見ていただければお分かりのように、まさにゲームに特化したゲーミングデスク。レースゲームやフライトシュミレータ、FPSなどコントローラデバイスを必要とするユーザーのことを考えた作りとなっている。

スチール製のパイプとMDF材で構成される本体のサイズは1430(W)×1060(H)×805(D)で重量は42kg。オプションのモニター用アームを使えば最大3つの液晶が設置可能だ。普段キーボードを置くことになるであろう中央の台は高さ調節が可能なほか、収納することも可。また、左右にはそれぞれ3段階の高さに分かれた台が用意されており、ここに自分の使いやすいようにコントローラデバイスを配置すれば、まさにオリジナルなゲームプレイ環境が完成するというわけだ。
 瞬間的な判断が求められることの多いゲームにおいて、各デバイスの配置は重要な問題。普段から自宅PC周辺の環境に頭を悩ませているユーザーなら、思い切って買ってしまうのもアリだろう。後は快適に動作するPCと、長時間プレイでも疲れにくい椅子を用意するだけだ。現在、アークでは液晶モニタやコントローラデバイスなどを実際に設置したデモを実施している。おおよその印象は十分掴めるはずなので、興味のある人は寄ってみるとよいだろう。価格は7万8880円。5月15日から発売される予定だ。



c0016821_19555845.jpg

[PR]
by papasone | 2006-04-28 19:58 | アキバ